カードローンの審査とそのポイント

銀行でも提供されていたキャッシングを利用した私は、その審査が意外とあっさりと通過できたことに驚きました。銀行のサービスはかなり厳しいということを聞いていましたが、私が利用したときには保証人もなく、収入証明書すらいらなかったので、かなり気楽でした。申告と運転免許証で少し手間を感じたくらいで、印鑑なども用意するのに困ることはなかったので手続きはスムーズでした。

 

決して審査が緩いわけではないと思いますが、借入限度額の希望額が10万円だったというのも影響したかもしれません。他の人の話やネット上の口コミでは借り入れた金額が大きいと収入証明書が必要なようでしたが、私は旅行中に万が一の時に利用する保険としてしか考えていなかったので金額も低く設定しました。

 

審査が完了するまでには2日ほどかかりましたが、申し込みからたったの2日で借入できるようになったのは驚きました。それまであまり借金をしたことがなかったのですが、最初の借金がここまで簡単だと、これから車を購入するときにどうしたらよいかあまり参考にはならないかもしれません。

 

信用情報に傷がついてしまうとよくないと聞いているので、利用できているサービスは、もし借り入れをする場合には少しでも早く返済して信用情報に問題を残さないようにしようと思っています。銀行を厳選したわけではないですが、口座開設もしていた銀行を頼ったのでその分審査が早かったのかもしれません。普段頼りにしているものの方が安心して利用できるというのは間違いないです。

 

キャッシングを利用するときは、そもそもの利用限度額も低いですが、申告する限度額も必要な金額だけにしておくと審査に通りやすくなります。必ず通過できるわけではないですが、10万円や20万円という金額ならば収入証明書も必要ないので申し込みもしやすくなります。

 

借り入れをする前の負担も軽くでき、返済の負担もかなり節約できるのでより借入が利用しやすくなります。急いでいる場合には、申告する金額も低めにしておくと審査スピードが上がる可能性もあるので、一応工夫してみるとよいです。最低限その利用限度額を借り入れるのに必要な収入を得ていることも大切なので、事前に良く計算しましょう。

 

銀行系のサービスでも消費者金融がかかわっていることが多いです。大きなデメリットにはなりませんが、概要書面に書かれている社名と、実際の契約書面で書かれている社名が変わっている場合があります。

 

子会社や親会社の関係だからと言って、記載されている会社と違う会社を承諾なく残すのは犯罪なので、たとえ銀行であっても契約書に変更点が勝手に入っていないかよく確認しましょう。わからない場合や確認したい場合には、銀行の担当者に聞いたり、すでに利用している場合は弁護士へ相談するのもよいです。司法書士でも経験豊富な方は非常に頼りにできるので、一度は確認しておくと安心です。

 

契約に関する概要はインターネットでも公開されています。ネット上で公開されていないサービスについては利用できないと思って避けたほうが良いです。契約前の段階で詳細な契約内容も提示されるので、その時点でしっかり内容を確認しておかしな点や不審点がないかしっかり確認しましょう。

 

多くの方はここで安易に認めてしまいますが、金利や保証会社、毎月の返済金額などもよく確認してから利用したほうが安全です。契約を結んでしまってからではお金を借りた側が不利になってしまうので安易な借入はしないようにしてください。

 

契約内容に関する相談や確認はいつでもでき、利用者それぞれに少しずつ異なっている場合もあります。ネット上の情報だけではなく、自分で判断していくつもりで安全に借り入れしましょう。分からないことが多いと危険ですが、利用限度額が低ければそこまで危険ではないのですぐに返済できるように用意をしながら利用したほうがよいです。

参考サイト